スポンサーリンク

マイペースお受験は悪いものじゃない

お受験シーズンですね。 

私立小学校は結果もだいたい出てきて結果に一喜一憂していることと思います。

小学受験率の多い幼稚園にいた息子。この時期は、ママたちがどこ行くの受かったのとかひそひそ話しがそこらじゅうから聞こえてきます。ここで、受験組と非受験組が分かってしまうのです。。なんともいえない独特の雰囲気があります。

うちは私立小学校なんか考えもしませんでした。が、国立小学校は魅力のあるカリキュラムがあるのでオススメです。

東京都内の国立小学校は、

があります。

そのうち抽選がないものは学芸世田谷と学芸小金井。必ず試験が受けられます。

そのほかの学校は、抽選があり、受験できるだけでもラッキー⁉️です。真剣にやってきてる人は、記念受験の人が抽選に通って自分が通らないとなんともいえない怒りや虚しさが込み上げます??真剣に準備している人にとっては少しでも抽選倍率を下げたいので本当に記念受験の人が多いのは嫌なのです。でも国立小学校だからしょうがないと言い聞かせ抽選にのぞみます。

抽選に受かったら、国立対策の塾にいっせいに通います。でも、直前になってあわててお尻をたたいてもあんまり成果は出ません。やっぱり、事前に準備している子が合格率が圧倒的に高いです。不合格だったママたちは、そこでもっと早く対策してれば良かったわ〜と落ち込みます?それを見ている子供は突然のことで混乱して、自分が悪いことしたかなと思ってしまいます。

どんな結果であれ頑張った子供に感謝する子育てにしたいです。親子で勉強、運動、色々な季節の遊びをして小学受験で息子は大いに成長しました。

学習に良い環境は魅力ですが、結局どんな場所でも子供はしっかり成長すると思います。

 



スポンサーリンク